自動車個人販売をサポートする総合情報サイト

>

自働車個人販売では名義変更の手続きは必須

個人での自動車販売の際に行う手続きでは、自動車の名義変更は必ず行わなければなりません。これを行わないと元の自動車の持ち主に自動車の税金の請求が届いてしまうなど、トラブルの元になってしまうので、注意が必要です。

名義変更に必要な書類は非常に多く、車検証、自賠積保障省、自動車税納税証明書、印鑑証明書、委任状、譲渡証、リサイクル表、現住所のわかる書類、戸籍標本、申請依頼書、そして免許証のコピーと非常に多いです。なので個人販売の際にはきちんと書類がそろっているかの確認をきちんとしておきましょう。

また、名義変更の手続きは個人販売の場合売主が行います。用意した書類を陸運局か軽自動車検査協会持ち込んでの手続きになりますので、用意して終わりではなく、きちんとしかるべき場所に行って手続きを行いましょう。

名義変更の際のトラブルを回避するには

名義変更の手続きの際のトラブルの回避策についてですが、まず書類を提出する陸運局に売主と買主が一緒に行って手続きを行うといった方法があります。こうすることによって確実に手続きを行うことができ、必要な書類の一つである委任状が必要なくなるといったメリットもあります。

もう一つのトラブルの回避法に自動車の一時登録抹消を行うといった方法もあります。こうすることによって買主は必ず名義変更を行わなければならないので名義変更を忘れていたということにはなりません。
しかし、この方法では車検をもう一度しなければいけないので、費用の面では高くなってしまいます。なので、自動車自体の価格を安く設定しておかなければ買主との間に費用面でのトラブルが生じてしまう場合も多く、注意が必要です。


自働車個人販売の名義変更手続きの際の注意点

この記事をシェアする