自動車個人販売をサポートする総合情報サイト

>

必ず契約書は交わしておく

もし自動車を友人間で売買する場合であっても契約書は用意しておくことをお勧めします。もしトラブルが発生しても契約書を用意してあればお互いに揉めてしまうことも少なくなるかと思います。面倒だと感じる方もいるかとは思いますが、契約書はなるべく準備しておきましょう。

契約書に記載する内容としては、自動車の状態といった詳細や、自働車の価格、税金や売買費用の扱いといった契約内容、自動車の所有権の移転日や瑕疵担保責任といった自動車に欠陥があった場合に売主が補償を行うといった内容のものを記載します。
以上のものが契約書に記載する代表的な内容となっています。少しでもトラブルを少なくするために、契約書を用意する際にぜひ参考にしてみてください。

事前に細かなチェックは必ずしておく

自動車の個人販売の際のトラブルを少しでも回避するためには販売の前に細かな部分のチェックをすることが非常に大切です。自動車の状態についてはもちろんのこと、事故歴があるのかどうか、もしあるならば修復歴はあるのか、エンジンの状態や走行歴についても注意してしっかりと売主個人ではもちろんのこと、買主と共にチェックをしてもらいましょう。

また、自動車自体以外にも、販売した車の引き渡しの方法や、購入金額の入金方法、名義変更の手続き期間についてや車検証、売買契約が成立した後の欠陥があった場合の責任の所在などについても買主と売主がしっかりと注意を払って確認をしておきましょう。
細かなチェックをしていないかどうかでトラブルのほとんどを回避することが出来ますので、面倒だと思わず、この点には注意しチェックをしましょう。


自働車を個人販売する際に注意すべきポイントを確認

この記事をシェアする